1. 南会津

  2. 下郷

  3. 会津若松

  4. 会津鉄道沿線外

奥羽三楽郷に数えられる歴史ある温泉郷

開湯は8世紀後半、または天平年間に行基によってなされたと伝えられる。伝承によると、三本足の烏に導かれて発見したという。江戸時代には会津藩の湯治場として栄え、会津若松の奥座敷として発展した。会津民謡に登場する小原庄助ゆかりの温泉とされる。湯川の両側に旅館が立ち並び、温泉情緒も豊かです。サラサラの硫酸塩泉で身体の芯まで温まります。

泉質 硫酸塩泉(カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉)
湯量 毎分 約1,500リットル
源泉温度 50℃~60℃
効能 リウマチ性疾患・運動器障害・慢性皮膚疾患・創傷・虚弱児童・慢性婦人科疾患・更年期障害・動脈硬化症・高血圧症・痛風及び高尿酸血症

宿泊のご案内は
東山温泉観光協会ホームページから

情報

場所
会津若松市
アクセス
JR磐越西線会津若松駅からバスで約15分、 磐越自動車道会津若松ICから車で約30分
駐車場
駐車場あり
お問い合わせ
会津東山温泉観光協会 TEL0242-27-7051

アクセス

福島県会津若松市東山町湯本滝ノ湯110

2019会津鉄道沿線冬活性化協議会
お問い合わせ
<事務局> 会津鉄道株式会社 
〒965-0853 福島県会津若松市材木町一丁目3番20号 
TEL 0242-36-6162
(一財)会津若松
観光ビューロー内
〒965-0873
福島県会津若松市
追手町5-10-2F
TEL 0242-23-8000
FAX 0242-23-9000
極上の会津プロジェクト
協議会内
〒965-8601
福島県会津若松市東栄町3番46号
TEL 0242-39-1251
FAX 0242-39-1433
2019 会津鉄道沿線冬活性化協議会
会員