1. 南会津

  2. 下郷

  3. 会津若松

  4. 会津鉄道沿線外

にしんの山椒漬け

会津伝統郷土食の酒の肴です。身欠にしんと山椒の葉を重ね合わせ、しょうゆと酢、お好みで隠し味に酒と砂糖を入れ、2~3週間漬けたものです。山に囲まれた会津では、北海道で乾物に加工された身欠にしんが貴重なタンパク源でした。生魚が流通していなかった時代、日持ちする身欠にしんを先人たちの智恵により、工夫して調理され保存食として食べられてきました。現在も、各家庭で毎年山椒が芽吹く春から夏にかけて漬け込まれ、その味と風味から日本酒の肴としても人気。また、会津本郷町ではにしんを漬けるための「にしん鉢」が、伝統の技術「会津本郷焼」で作られており、古くは会津の嫁入り道具の一つとされていたとされます。

2019会津鉄道沿線冬活性化協議会
お問い合わせ
<事務局> 会津鉄道株式会社 
〒965-0853 福島県会津若松市材木町一丁目3番20号 
TEL 0242-36-6162
(一財)会津若松
観光ビューロー内
〒965-0873
福島県会津若松市
追手町5-10-2F
TEL 0242-23-8000
FAX 0242-23-9000
極上の会津プロジェクト
協議会内
〒965-8601
福島県会津若松市東栄町3番46号
TEL 0242-39-1251
FAX 0242-39-1433
2019 会津鉄道沿線冬活性化協議会
会員